会則

第1章  総    則


 
第 1 条 【名 称】
  神戸市看護大学同窓会

 
第 2 条 【目 的】
  本会の目的は以下の通りとする。
    1 .
 
同窓生間のネットワークづくりを支援し会員相互及び同窓生と在来生の親睦を図る。
 
    2 .
 
会員の自己啓発に貢献する。
    3 .
 
本会の発展を図る。
    4 .
 
神戸市看護大学の繁栄進展に寄与する。

 
第 3 条 【事 業】
  本会は第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
    1 .
 
会員名簿・会報の発行
 
    2 .
 
学術研究を奨励・助成する事業、研修会、懇親会等の開催
 
    3 .
 
その他、総会で必要と認められた事業
 

 
第 4 条 【本 部】
  本会の本部は、神戸市看護大学内におく。
 

 
第 5 条 【支 部】
    1 .
 
遠方在住の会員は、総会の承認を経て支部を設けることができる。
 
    2 .
 
支部には代表者を定める。
 

 

第2章  会    則


 
第 6 条 【会 員】
  本会の会員は、次の通りとする。
 
    1 .


 
正会員
神戸市看護大学を卒業し第29条に定める会費を納入した者。
 
    2 .


 
特別会員
神戸市看護大学の教職にある者で、入会を希望する者。並びに神戸市看護大学の事務局長の職にある者で、入会を希望する者。
 
    3 .
 
名誉会員
神戸市看護大学並びに本会に特別の関係にある者で、役員が推薦した者。
    4 .
 
準会員
神戸市看護大学に入学後、同窓会費を納めた者。

 
第 7 条 【入 会】
    1 .

 
正会員
卒業時に入会することを原則とし、第29条に定める会費を納める義務を負う。
 
    2 .

 
特別会員
入会を希望する者は申し出によって会員となることができる。
 
    3 .

 
名誉会員
役員会が推薦し、総会の承認をもって入会が認められる。
 
    4 .

 
準会員
神戸市看護大学に入学後、同窓会費として第29条に定める会費を納める義務を負う。
 

 
第 8 条 【会員の資格喪失】
    1 .
 
退会
 
  2 .
 
死亡、失踪宣告
 
    3 .
 
除名
 

 
第 9 条 【退 会】
  会員で退会しようとする者は理由を付して会長に届けで、会員がこれを承認する。
 

 
第 10 条 【除 名】
  会員が本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為のあった時は、総会の議決を経て会長がこれを除名する。
 

 

第3章  役 員 と 監 査 員


 
第 11 条 【役 員】
  本会は次の役員をおく。
 
    1 .
 
執行部  15 名
 
     会長   1 名:本会を代表し、会務を統括する。
 副会長  2 名:会長を補佐し、会長に事故ある時は職務を代行する。
 庶務  10 名:会務における連絡調整及び議事録の作成を行う。
 会計   2 名以上:本会の会計を処理する。
 
    2 .

 
学年理事  4 名
 卒業年度毎に設け、その学年の会員間、及び同窓会との連絡調整に携わる。
 

 
第 12 条 【監査員】
  本会は監査員を1名おく。監査員は会務の活動の監査と会計監査を行う。
 

 
第 13 条 【役員及び監査委員の選出と任期】
    1 . 会長、副会長、庶務、会計は執行部が推薦し、総会で承認する。任期は2年とする。ただし、再選は妨げない。
    2 . 監査員は役員及び学年理事以外の会員より執行部が推薦し、総会で承認する。任期は2年とする。ただし、再選は妨げない。
    3 . 役員及び監査員の選出承認は総会の出席者の過半数をもってする。 
    4 . 学年理事は、任期は2年とする。任期終了後の交替は、前任者の推薦によって選出し、同窓会総会で報告する。
    5 . 役員及び監査員は任期満了の後でも、後任者が就任するまではその職務を行わなければならない。 

 
第 14 条 【役員及び監査員の解任】
    1 .
 
役員及び監査員は特別な事情がある場合は、その任期中であっても役員会の議決をもって解任し、総会でこれを承認する
    2 .
 
降任した役員及び監査員の後任は、前任者が責任をもって推薦し、役員会でこれを議決し、総会で承認する。
   3 .
 
役員及び監査員が役職にふさわしくない行為をしたと認められる場合には、総会において3分の2以上の議決に基づきこれを解任する事ができる。
    4 .
 
解任された役員及び監査員の後任は執行部が推薦し、役員会でこれを議決し、総会で承認する。
    5 .
 
後任として選出された役員及び監査員の任期は、前任者の残任期間とする。

 

第4章  運    営


 
第 15 条 【会 議】
  会議は総会、役員会、執行部会とし、総会は定例総会、臨時総会とする。
 

 
第 16 条 【総 会】
    1 .
 
総会は全会員で構成された本会運営の最高議決機関である。
 
    2 .
 
定足数は委任状を含めた会員数の3分の2以上とする。
 
   3 .
 
議決は出席者の過半数によるものとし、可否同数の場合は議長の決するところによる。
 
    4 .
 
総会の議長の選出は、出席者の互選によるものとする。
 
    5 .
 
総会の書記の選出は、議長の指名によるものとし、2名とする。
 
    6 .

 
会員が総会を欠席する場合は、委任状を提出する事を課す。期限までの未提出分は、白紙委任状とみなされるものとする。
 

 
第 17 条 【定例総会】
    1 .
 
定例総会は年1回、時期は原則として9月第3土曜日に会長が召集する。
 
   2 .
 
召集は少なくとも30日以前に、その会議に付議すべき事項、日時及び場所を記載した書面をもって通知しなければならない。
    3 .

 
定例総会は会計年度終了後2ヶ月以内に開催し、懇親会及び講演会もしくは研修会等を定例総会と同時に開催する。
 
    4 .
 
定例総会において審議、議決すべき事項は次のものとする。
 
      1)事業報告・事業計画
  2)収支予算・会計報告
  3)重要議案の審議
  4)会則の改定
  5)役員の選任
  6)会員の除名
  7)その他
 

 
第 18 条 【臨時総会】
    1 .
 
臨時総会は役員会が必要と認めたときに、会長が召集できる。
 
   2 .


 
会員数の10分の1以上または100人以上から会議に付すべき事項を示して総会の召集を請求された時、請求のあった日から60日以内に臨時総会を召集しなければならない。
 
    3 .
 
召集は少なくとも30日以内に、その会議に付議すべき事項、日時、場所を記載した書面をもって通知しなければならない。

 
第 19 条 【役員会】
    1 .
 
役員会は、執行部(会長、副会長、庶務、会計)と学年理事の代表2名、監査員で構成された本会運営の準議決機関である。
    2 .
 
役員会は、必要に応じて会長が召集できる。
 
    3 .


 
役員数の3分の1以上または8人以上から会議に付すべき事項を示して役員会の召集を請求された時、請求のあった日から30日以内に役員会を召集しなければならない。
 
    4 .


 
召集は少なくとも10日以前に、その会議に付すべき事項、日時、場所を記載した書面をもって通知し、欠席する場合は委任状を提出する事を課す。委任状の未提出分は白紙委任状とみなされる。
 
    5 .
 
定足数は委任状を含めた役員の3分の2以上とする。
 
    6 .
 
議決は出席者の過半数とし、可否同数の場合は議長の決するところによる。
 
    7 .
 
議長は会長が務める。
 

 
第 20 条 【執行部会】
  執行部会は執行部役員で構成され、この会則に定める本会の総会及び役員会の権限に属する以外の事項を議決し実行する。
 

 
第 21 条 【議事録】
  全ての会議には議事録を作成し、議長及び出席代表者 2 名が署名のうえ、保存する。
 

 
第 22 条 【顧 問】
    1 .
 
役員会の議決を経て、顧問をおくことができる。
 
    2 .
 
顧問は執行部の諮問に応ずるものである。
 

 
第 23 条 【特別委員会】
  事業を行うにあたり必要がある場合は、執行部会の議決によって特別委員会を組織することができる。
 

 
第 24 条【在学生との連絡調整】
  在学生との連絡調整は、神戸市看護大学学生自治会を通し、学年連絡委員に依頼する。
 

 

第5章  会 則 改 正


 
第 25 条【会則改正】
  会則の改正は役員会の議決を経た後、総会出席者の3分の2以上の承認をもってすることができる。
 

 

第6章  書類及び帳簿などの備付


 
第 26 条
  本会の本部に次の書類などを備え、会員はいつでも閲覧することができる。
    1 .
 
会則及び細則等
 
    2 .
 
総会・役員会及び執行部会の議事に関する記録
 
    3 .
 
その他
 

 
第 27 条 【会員名簿】
  本会の本部に次の書類などを備え、会員はいつでも閲覧することができる。
    1 .
 
会則及び細則等
 
   
 
 1)氏名、改姓、改名、卒業年度
 2)現住所と電話番号、現住所以外の連絡先
 3)勤務先などの名称
 
    2 .
 
その他
 
    3 .
 
会員名簿を会員以外に貸与又は売買することを禁ずる。
 

 

第7章  会    計


 
第 28 条 【経 費】
    1 .
 
本会の経費は、会費、寄付金その他の収入をもって支弁する。
 
   2 .
 
臨時に資金を必要とする時は役員会の議決を経たのち総会出席者の3分の2以上の承認をもって、臨時会費を徴収することができる。
 

 
第 29 条 【会 費】
    1 .
 
正会員は終身会費として1万円を入会時に納めなければならない。
 
    2 .
 
既納の会費はいかなる理由があっても返還しない。
 

 
第 30 条 【会計年度】
  本会の会計年度は毎年 10月 1日に始まり翌年 9月30日に終わる。

 
第 31 条 【予算と決算】
    1 . 本会の毎年の予算は、役員会の案を総会に提出し、出席者の過半数の承認を得て成立する。
    2 . 本会の決算は、監査員の監査を経て会計役員がこれを総会で報告し、出席者の過半数の承認を得て成立する。
    3 . 本会の決算は、監査員の監査を経て会計役員がこれを総会で報告し、出席者の過半数の承認を得て成立する。

 

第8章  補    則


 
第 32 条
  この会則についての必要な事項は、役員及び総会の議決を経て、会長が定める。

 

第9章  附    則


 
第 33 条 この会則は平成12年度 3月24日から施行する。

 
第 34 条 会員でない者からの、会員の個人情報に関する問い合わせは、原則取り扱わない。

 

細    則


 
第 29 条
  1?1.会費は4回生時の1月に収集する。収集に関しては同窓会役員と学年理事が行う。未納入については支払意志を確認し、所定用紙に記入してもらい、後日徴収する。支払期日は卒業次年度の6月30日までとする。(変更予定)

 
第 30 条
  会計報告書は、8月の第2土曜日までに作成し、第3土曜日までに監査員に郵送する。また、監査員からの返送後は書類などを管理する。

 
第 31 条
  1?1.同窓会来年度予算は今年度会計報告書作成時に同時に行う。

 
プリンタ用画面
友達に伝える
前
会長挨拶
カテゴリートップ
事務局概要
次
役員名簿

サイト内検索
カレンダー
前月2017年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
事務局だより 事務局だより